ネーションズリーグ予選で古賀紗理那は成長を実感 楽しみながら準決勝ブラジル戦へ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

 バレーボール女子ネーションズリーグ2024のファイナルラウンドがタイで行なわれている。準々決勝、日本は中国を3-0のストレートで下した。相手は主力を欠いていたとは言え、アジア1位を蹴散らしたことはチームに勢いを与えるだろう。

「勝ち癖」

 それは今年7月のパリ五輪決戦に向け、戦いのベースになる。チームを勝利に導く、"戦いの女神"のような選手が、日本にはいるだけに――。
 
ネーションズリーグ準々決勝・中国戦でチーム最多の22得点を挙げた古賀紗理那 photo by AP/AFLOネーションズリーグ準々決勝・中国戦でチーム最多の22得点を挙げた古賀紗理那 photo by AP/AFLOこの記事に関連する写真を見る ネーションズリーグ予選ラウンド福岡大会、セルビア戦後のパリ五輪出場を祝うセレモニーでの光景だった。

 コートの上で、古賀紗理那(28歳)がキャップをちょこんと帽子を頭の上に乗せた。満面の笑顔で、その様子がなんとも愛らしかった。本人もおかしみを覚えたのか、我に返ったように深くかぶり直す。そして自然と選手たちの中心に陣取ると、ファインダーに向けてマスコットを手にポーズを取った。

 それぞれの選手がテレビのインタビュアーに呼ばれ、質問に答えていた。最後の番が、彼女だった。

「やったぜー!」

 古賀はマイクに向かって、ストレートに気持ちを吐き出した。スタンドから歓声が沸き起こる。他の選手たちが、やや緊張気味に答えていた空気を振り払うかのようだった。ここまで辿り着いたことを、キャプテンとして自ら祝っているようにも見えた。

「(選手インタビューは)『最後にしゃべって』って言われていたんです。でも、『みんな、くそ真面目なこと言ってんなー』って思って(笑)。林(琴奈)選手なんか、真面目ぶっていませんでした? 私の番では、"なんか言おうかな"って思っていたので......」

 ミックスゾーンで、古賀はそんな心境を明かしていた。

 彼女は孤高の境地にいるのだろう。自分のペースを崩さない。それがチームのためになると信じている。たとえば、試合中は声を枯らすほどに周りを叱咤する。チームメイトからは「いつもと声が違う」と言われるほどだが、それが自身で分からないほど無意識に声を出している。リーダーシップという概念を、無意識に体現しているところに、リーダーの本質がある。

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る