2018.07.08

ビーチの美女がフラフラ? 今季好調の
坂口佳穂ペアに過密日程という壁

  • 小崎仁久●文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

 坂口佳穂(22歳/マイナビ)&鈴木悠佳子(30歳/湘南ベルマーレ)ペアが、ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第4戦の『南あわじ・神戸淡路鳴門自動車道全通20周年記念大会』(6月30日~7月1日/兵庫県南あわじ市・慶野松原海岸)に臨んだ。

 今季は第2戦の東京大会で優勝、第3戦の平塚大会でも準優勝と、ここまで結果を残しているふたりだが、この大会に向けては懸念材料を抱えていた。なにしろ、6月10日に平塚大会を終えてから、南京(9位タイ)、シンガポール(19位タイ)とワールドツアーを転戦。再び帰国してこの南あわじ大会へ挑むという、4週連続で長距離移動と試合をこなす過密日程の渦中にあったからだ。

 そのため、坂口佳は大会を前にして「長時間の移動による疲労の取り方、コンディション調整、それと練習負荷とのバランスなど、慣れていない部分はある」と、少なからず不安を口にしていた。

 予選プール第1試合の相手は、幅口絵里香(36歳)&坂口由里香(23歳)ペアだった。ふたりとも身長160cm半ばと高さはないものの、経験豊富な幅口と堅実なプレーが武器の坂口由は決して侮れず、現にツアー第1戦の沖縄大会では0-2(18-21、16-21)と敗戦を喫している。

 平塚大会では2-0(21-10、30-28)とストレート勝ちして雪辱を果たしているが、それでも第2セットは相手の粘りに苦しんだ。ゆえに、坂口佳は「(幅口&坂口由ペアは)レシーブ、トスのリズムが安定していて崩し難い。それで逆に、自分たちのリズムを崩されてしまう」と警戒していた。

 試合は、坂口佳が懸念していたとおりになった。ハードスケジュールによる疲労の影響か、坂口佳&鈴木ペアは立ち上がりから動きが重く、攻守にわたって後手を踏んでいた。