2017.10.02

「バレーボールで生きていきたい」。
柳田将洋が語ったプロ転向への想い

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 田中亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

【柳田将洋が明かすドイツ移籍の真相 前編】

日本を発つ前日にインタビューに応じた柳田 サントリーを退社してプロに転向した、バレーボール全日本代表の柳田将洋。ドイツ1部のチーム「TV Ingersoll Bühl(ティービー・インジェルソル・ビュール)」に移籍を決め、9月20日に日本を発った。チーム合流直後に行なわれたイタリアでのカップ戦では、いきなりMVPに輝く活躍を見せ、チームの優勝に貢献。幸先のいいスタートを切っている。

 Sportivaは出国前の柳田に、悔しい結果に終わったグラチャンのことや、プロ転向、ドイツリーグを選んだ理由などを聞くことができた。新たな道を歩み始めた、25歳の日本のエースが見る未来とは。

***

――今年5月に中垣内ジャパンが始動してから順調な足取りでしたが、グラチャンでは5戦全敗。世界トップのチームとの差をどこに感じましたか。

「高さとパワーで劣るのはある程度仕方ないことなんですけど、うまさや、つなぎなど、細かいプレーも負けてしまっていたと感じました。そこは、僕らが一番負けてはいけないところだし、アピールしていかないといけないところ。強みとして出せる部分だと思うのですが、そこが世界に対して劣ってしまった。そこはもっと精度を上げていかないといけないですね」

――グラチャンで世界のトップと戦えることを、どう思っていましたか。

「大会前のインタビューでは、『楽しめる大会ではない。世界のトップとどれくらい戦えるかという期間になります』と言ったと思うんですが、実際にそういう大会になりましたし、思っていた以上に厳しい戦いになりましたね。あれくらいのレベルのチームと対戦して『楽しめる』ようになるためには、よほどうまくならないといけないと感じました」