2017.10.03

柳田将洋の海外挑戦はなぜドイツなのか。
単刀直入に理由を聞いてみた

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari

【柳田将洋が明かすドイツ移籍の真相 後編】

前編から読む>>

 プロ転向した柳田将洋がドイツへと旅立ってから1週間後、男子バレーボール界のもうひとりのエース・石川祐希が、自身3度目となるセリエA挑戦への決意を語った。その会見のなかで、「柳田さんが頑張っているから、自分も負けないように」と述べ、自身のプロ転向については「まだ考え中」と明かした。

 さらに、同会見の途中で、中央大の同期生で全日本でも共に戦う大竹壱青が登場し、今季にドイツ1部でプレーすることをサプライズ発表。大竹の移籍先のフランクフルトは、柳田が所属するティービー・インジェルソル・ビュールと、リーグ開幕戦(10月14日)で対戦するため、早くも”日本人対決”の期待も高まっている。

9月26日に、チームの入団会見に臨んだ柳田 Photo by picture alliance/AFLO 欧州移籍が活発化するなかで、柳田がドイツを移籍先に選んだ理由はどこにあったのか。Sportivaは日本を発つ直前の柳田に、単刀直入に尋ねてみた。

***

――あらためて、初めての海外挑戦で、ドイツリーグを選んだ理由を聞かせてください。

「こだわりはありませんでしたが、ドイツで自分をほしいと言ってくれるチームが出てきたので、そこに行くことにしました。ドイツはヨーロッパの中でも真面目な気質な人が多くて日本に似ていると聞いていましたし、最初に海外に挑戦するのであれば、そういう環境でやったほうがいいと思ったんです」