2020.03.26

「自分で作っちゃおう」。内山靖崇は批判も
承知でテニス大会を創設した

  • 内田暁●取材・文・撮影 text & photo by Uchida Akatsuki

 Uchiyama Cup(ウチヤマ・カップ)——。

 国内テニス大会のスケジュールに、今年、その名を冠した新たなトーナメントが登場した。

 賞金総額は300万円。これは、日本国内の賞金大会としては最高額の部類に属す。開催地は北海道札幌市。

内山靖崇に「Uchiyama Cup」を立ち上げた流れを聞いた「この大会名、僕は『ちょっとダサくない?』って思ったんです。でも、ウチヤマ・カップで札幌開催だったら、絶対に僕が関わってるだろうってみんな思うから、そうしたほうがいいと助言ももらったので……」

 日に焼けた顔を照れくさそうに緩めて、彼は”命名”の理由を明かす。

 内山靖崇。札幌市出身の27歳。現在の世界ランキングは90位(3月9日現在)。

 昨年、楽天オープンを含むATPツアーで2度のベスト8入りを果たし、ランキングも自己最高位に達した彼が、Uchiyama Cupの立ち上げ人であり、同大会のトーナメントディレクターでもある。

「去年の10月に(ランキング)100位を切った時点で、トーナメントを作ることを考え始めました。以前から自分発信で何かをしたいと思っていたんですが、僕はYoutubeなどは向かない。自分にできる形は何かと考えた時、子どもの頃の経験や地元への恩返しという意味でも、大会を作ることではないかと思ったんです」