2019.01.25

大坂なおみはブレない。
「バイン流哲学」で全豪初優勝を目指す

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

祈るようにマッチポイントの結果を待つ大坂なおみ マッチポイントで、チャレンジのスクリーンを見つめる。大坂なおみは、ラケットを持ちながら手の平を合わせて祈るように結果を待った。時速179kmのセンターへのサービスがラインを捕らえてエースと判定され、勝利が決まった瞬間、彼女はコーチたちに向かって両手を上げながらジャンプしてめいっぱい喜びを表現した。

 全豪オープン準決勝で、第4シードの大坂(WTAランキング4位、1月14日づけ/以下同)は、第7シードのカロリナ・プリスコバ(8位、チェコ)を6-2、4-6、6-4で破りメルボルンの地で初の決勝進出を決めた。1968年のオープン化(プロ解禁)以降、日本人選手が全豪シングルスで決勝に進出するのは史上初だ。

 準決勝は、全豪独自の暑さ対策ルール・ヒートポリシーが適用されて、センターコートであるロッド・レーバーアリーナは屋根を閉じて試合が行なわれた。

 試合の立ち上がりは、大坂が最高の出来を見せた。「彼女(大坂)は、すばらしいテニスをした。正直これまでのキャリアでベストではないか」とプリスコバが認めざるを得ないほどで、大坂が得意のフォアハンドストロークでラリーの主導権を握ると、ウィナーを奪い、プリスコバのミスを誘った。

 第2セットでも第1ゲームを大坂がいきなりブレークしたが、プリスコバが第2ゲームをブレークバックして意地を見せる。大坂のストロークのコースを読み始め、フォアのダウンザラインを使って、大坂にバックのストロークをできるだけ打たせようとした。