2019.01.25

錦織圭がグランドスラムを
制覇するためにあと何が足りない?

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

 最後まで戦ってほしかったという願いと同時に、錦織圭のベスト8までの厳しい道のりを踏まえると、疲れが残っていて当然という見方もあった。とはいえ、錦織にとっては後味の悪い幕引きになってしまったことは否めない。

悔しさを持ってジョコビッチ戦を棄権した錦織圭 第8シードの錦織(ATPランキング9位、1月14日づけ/以下同)は、全豪オープン準々決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(1位、セルビア)と対戦したが、1-6、1-4のところで途中棄権をして、初のベスト4入りはならなかった。

 準々決勝には、「もちろん疲れはありましたし、足やいろんなところにきていましたけど、痛みではなかった。どうにかなるかと思っていましたが……」とコートに立ったが、第1セット第4ゲームで、錦織がサーブを打った時に異変は起きた。

「4ゲームでサーブを打っている時に、強い痛みを右の太ももに感じてから、右足でなかなか蹴ることができなくなった。曲げるのも痛かったので、ほとんどの動きが痛みに変わってしまい、そこから動けなくなってしまった」

 錦織は、第1セットを取られた後、メディカルタイムを取って右足の治療と右太ももにサポーターを巻いてコートに戻ったものの、満足にボールを追えない状況は変わらなかった。そして、第2セット第5ゲームで錦織が2度目のサービスブレークを許した後に、途中棄権を申し出た。

「自分のサーブも思うように打てなかったし、動けなかったので、相手が誰であろうと、打つのは難しかったかもしれないですね」