鳴物入りで来日したリーグワン外国人選手の活躍度は? 世界最優秀選手賞2度のスター司令塔は...

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji

 昨年秋に開催されたラグビーワールドカップ後のシーズンとあって、世界中のスター選手が集結した「NTTジャパンラグビー・リーグワン2023-2024」。今シーズンはディビジョン1に所属する12チームのうち6チームで平均観客数が10,000人を超え、リーグ全体でも100万人を超える見込みだ。

ボーデン・バレットのトヨタヴェルブリッツ入りは衝撃的だった photo by Saito Kenjiボーデン・バレットのトヨタヴェルブリッツ入りは衝撃的だった photo by Saito Kenjiこの記事に関連する写真を見る 昨年12月から始まったレギュラーシーズンは5月4日〜6日に最終節を迎え、プレーオフに進出する上位4チームが決定した。

 プレーオフトーナメントに顔を揃えたのは、16連勝で首位通過した埼玉パナソニックワイルドナイツを筆頭に、リーグワン初優勝を目指す2位の東芝ブレイブルーパス東京、3位の東京サントリーサンゴリアス、4位の横浜キヤノンイーグルス。5月18日・19日に準決勝が行なわれ、5月26日に今シーズンのチャンピオンが決まる。

 まずはプレーオフ進出4チームに所属する外国人選手の今シーズンを振り返ろう。

 ワイルドナイツは今季、新たな大物外国人の加入はなかったが、すでに所属しているスター選手は今季も躍動した。ワールドカップで南アフリカの優勝に大きく寄与したCTBダミアン・デアレンデ、病気でワールドカップ出場を見送った元南アフリカ代表LOルード・デヤハー、そしてオーストラリア代表の愛称「サイクロン」WTBマリカ・コロインベテ。この3人は今季も変わらずワイルドナイツのスタイルにフィットしていた。

※ポジションの略称=HO(フッカー)、PR(プロップ)、LO(ロック)、FL(フランカー)、No.8(ナンバーエイト)、SH(スクラムハーフ)、SO(スタンドオフ)、CTB(センター)、WTB(ウイング)、FB(フルバック)

 一方、昨季5位から今季2位に躍進したブレイブルーパスには、ワールドカップ準優勝の「オールブラックス」ニュージーランド代表からふたりの大物外国人が入団し、大きな話題を呼んだ。

 クルセイダーズでスーパーラグビー7連覇を達成して「優勝請負人」と称えられ、オールブラックス56キャップを誇る世界有数の司令塔SOリッチー・モウンガと、突破力が武器の33キャップFLシャノン・フリゼルだ。ふたりはともにニュージーランド協会と契約せず、オールブラックスに選ばれる可能性を断ってブレイブルーパスと複数年契約を結んで来日した。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る