2022.07.11

世界3位のフランス相手に昭和生まれのラガーマンが大活躍「年齢は関係ない」「足、腰、ひざ、股関節もよくなってきた」

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 新しくなった国立競技場で、昭和63年生まれのふたりが躍動した。

 7月9日、ラグビー日本代表(世界ランキング10位)は通算成績1分10敗のフランス代表(同3位)と激突。日本代表としては"新・国立"で初のテストマッチとなり、ワールドカップをのぞいて国内最多記録となる57,011人もの観客が詰めかけた。

フランス代表から2トライを奪った34歳のFB山中亮平フランス代表から2トライを奪った34歳のFB山中亮平 この記事に関連する写真を見る  1週間前の豊田スタジアムでは23−42で敗戦。日本代表はキャプテンに選ばれたHO(フッカー)坂手淳史(埼玉ワイルドナイツ)を中心に「勝って特別な日にしよう」とチーム一丸となり、今夏のシリーズ最終戦に挑んだ。

 前半こそ15−7とリードしたが、後半はミスが多発。結果、15−20で逆転負けを喫した。

 ホームでの試合であり、チャンスは何度もあっただけに、勝たなければならなかった。ジェイミー・ジョセフHCも「選手たちがよく頑張り、勝利にふさわしいチームだと思うが(白星を)逃したことは残念。ビールを何本か飲まないと、この気持ちは収まりません」と悔しさを露わにした。

 今夏のシリーズでは、選手層を厚くするため若手や国際経験のない選手を積極的に起用した。それでも強豪相手に"勝つ流れ"にもっていけたのは、指揮官が「シニアプレイヤー」と呼ぶベテランの力が大きかった。

 それをフランス戦で見せつけたのが、ともに昭和63年(1988年)生まれのFB(フルバック)山中亮平(神戸スティーラーズ)とFL(フランカー)リーチ マイケル(ブレイブルーパス東京)だ。

 特に前半、出色の出来栄えだったのは山中だ。神戸の後輩でもある21歳のSO(スタンドオフ)李承信とともにキックとランでゲームを組み立てた。「先週はあまりキックを使わずアタックでボールを動かすプランだったが、今週はアタックに勢いが出なかった時にキックを蹴るというバランスがよかった」と胸を張る。