2020.02.28

松島幸太郎、渡仏の理由と日本代表への思い
「世界で通用する選手になるため」

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 ラグビー日本代表が誇る快足ランナー、松島幸太朗——。

 現在はサントリーサンゴリアスの一員としてトップリーグでプレーしているが、「自分のスタンダードを下げず、厳しい環境に身を置きたい」と、今夏からのフランス挑戦を決めた。

松島幸太朗がいよいよフランスリーグに挑戦する WTB(ウィング)やFB(フルバック)のポジションを務める松島は、スーパーラグビーで3チームに在籍し、2017−18シーズンにはトップリーグMVPにも輝いた。過去2大会のワールドカップでは9試合すべてに先発し、ロシア戦では日本代表として初めてハットトリックも達成している。

 次のワールドカップに向けてモチベーションを高めるため、さらに険しい環境でプレーしたいと思うのは自然な欲求なのだろう。

 松島と並ぶ「ダブルフェラーリ」の相方WTB福岡堅樹(パナソニック)のように、セブンズ(7人制ラグビー)で東京五輪にチャレンジすることにも「興味はあった」と話す。

 ただ、「過去にほとんど(セブンズは)やったことがない」というように、現実的な選択肢ではなかった。「時期もかぶっていたし、タイミングもある」。松島は15人制ラグビーでの海外移籍を選んだ。