2018.05.14

サンウルブズ、刀を振り回す
「剣豪」のラグビーで、ついに今季初勝利

  • 松瀬 学●文 text Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 ついに歓喜の瞬間がやってきた。
 
 スーパーラグビー挑戦3年目、日本のサンウルブズがレッズ(オーストラリア)に63-28で快勝し、今季10戦目にしてシーズン初勝利を挙げたのである。12日の東京・秩父宮ラグビー場。1万2千余の観客で埋まったスタンドが大歓声で揺れる。思わず涙ぐむ男の子の姿もあった。

 グラウンドでのインタビュー。流大(ながれ・ゆたか)主将の弾んだ声が薫風に乗る。

「最後に勝つことができて本当によかった。(トンネルは)長かったですけど、みなさんが応援してくれたおかげで、やっと1勝することができました」

『スイング・ザ・ソード』
 
 これが、この国内最終戦のゲーム・スローガンだった。刀(Sword)を思い切り振り回せ、という意味か。7週間ぶりに戦列復帰したフランカーのリーチ マイケルが説明してくれた。

「自分たちのラグビーでチャレンジしよう、といったところです」

復帰戦で存在感を見せつけたリーチ マイケル 刀とは、サムライの魂である。選手のプライドである。自分たちのラグビーとは前に鋭く上がる「高速ディフェンス」、声とコミュニケーションで素早くつなぐ連係プレーである。接点の激突でいえば、とくに見応えがあったのが、背番号6のリーチとレッズの背番号7、ジョージ・スミスとのワールドクラス同士のマッチアップだった。

 オーストラリア代表111キャップを誇る37歳のスミスだが、昨年末、都内で暴行事件を起こしてサントリーを離れていた。日本のファンの前で汚名返上を期していたに違いない。かつてトップリーグでしのぎを削ったライバル対決に、29歳のリーチは意識していたと漏らした。

「絶対、タックルは外したくなかった。それがお互いのリスペクトだと思う」
 
 前半30分頃、キックのカウンターからスミスが持ち上がった。これにリーチが反応する。どんとスミスの体を押し戻し、その右足をひねりながら押し倒した。