2019.08.31

圧倒的強さ。水谷隼が2年目のTリーグ開幕戦でチームを勝利に導く

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi
  • photo by AFLO

「(試合を終えて)解放感でいっぱい。長く卓球をやっているが、ビクトリーマッチは常にものすごく緊張するし、胃が痛い。でも勝った時にしか味わえないこの解放感は最高。新加入した選手と、昨年の選手とともに2連覇できるように頑張りたい」

 8月29日、東京・アリーナ立川立飛。国内外のトップ選手を集めたTリーグの2シーズン目が開幕した。昨シーズン初代MVPを獲得し、2連覇がかかるチームのキャプテンを務める水谷隼は、試合後のインタビューでホッとした表情で話した。
Tリーグ開幕戦で強さを見せつけた水谷 開幕戦のカードは男子の初代王者・木下マイスター東京と、昨シーズン2位の岡山リベッツ。今シーズンを占ううえでも重要なこの対戦は、水谷が2勝を挙げる活躍などで、開幕戦を勝利で飾った。

 初戦はダブルスからスタート。木下は丹羽孝希・張本智和ペア、岡山からは昨シーズンのベストペア賞を受賞した上田仁・森薗政崇ペアが登場した。1シーズン目ではダブルスで”勝率8割越え”という圧倒的な強さを誇る最強ペアが、世界ランキング日本人1位(張本)と2位(丹羽)のペアに挑んだ。

 だが、岡山のダブルスの強さは変わっていなかった。1ゲーム目は「開幕戦の雰囲気に慣れずにミスをしてしまった」と試合後に上田が話したように、緊張で思いどおりのプレーができずに落としたが、2ゲーム目からは落ち着きを取り戻し、本領を発揮。ゲームカウントを1-1にすると、その勢いのまま最終ゲームも制し、2-1で第1マッチを勝利で飾った。