2019.08.29

Tリーグ女子は2強の争い。
カギは五輪選考で主力不在時の戦い方だ

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Simei
  • photo by AFLO

 昨シーズンはファイナルの最終ゲームまでもつれる大混戦となったTリーグ女子。レギュラーシーズンでは、木下アビエル神奈川に後塵を拝していた日本生命レッドエルフが、劇的な逆転劇で初代チャンピオンに輝いた。木下と日本生命――。石川佳純を筆頭に個々の能力が高い木下と、平野美宇、早田ひなのダブルエースを擁する日本生命。1年目のシーズンに関してはタレント的にも戦術的にも、この2チームの存在は際立っていた。
優勝候補の木下。エース石川佳純がチームを引っ張る
 今シーズンも基本的な構図は大きく変わらないだろう。木下と日本生命の2強中心にリーグは回っていくことになる。

 戦力的に、一番手はやはり木下になる。昨シーズンはレギュラーシーズン全21戦で18勝、勝ち点60を記録し、2位の日本生命との勝ち点差は17まで開いた。ファイナルでは日本生命の勢いに屈することになったが、戦力の充実度では他のチームの1歩も2歩も先を行く。

 チームの中心は、やはりエースの石川だ。常に安定したプレーで、勝敗を左右する場面では必ず石川が指名される絶対的な存在。来年のオリンピックへの出場争いから、今シーズンは欠場も出てくるはずだが、それは日本生命も同じ。日本人歴代最強のサウスポーに大きな死角は見当たらない。とくに日本人選手との対戦では、圧倒的な力を発揮する石川だけに各チームはオーダーに頭を悩ますことになりそうだ。