2022.06.01

宇都宮ブレックスが優勝でMVPの比江島慎は涙。「自信をなくした夏」を経て本領を発揮

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka

 5月29日、東京体育館で行なわれたBリーグファイナルで、宇都宮ブレックスが琉球ゴールデンキングスに2日連続で勝利を収め、2021−22シーズンの王者となった。

 ワイルドカードとしてチャンピオンシップ(CS)進出を決めた宇都宮だったが、クォーターファイナルの千葉ジェッツ、セミファイナルの川崎ブレイブサンダース、そして決勝の琉球を相手に負けなしの6連勝で、リーグ創設初年度の2016-17以来、2度目の王座戴冠となった。

優勝に大きく貢献したエースの比江島慎 ©B.LEAGUE優勝に大きく貢献したエースの比江島慎 ©B.LEAGUE  昨季はリーグ最高勝率を挙げながらファイナルで千葉に敗れた宇都宮だったが、今年のファイナルでは比江島慎がCS最優秀選手(MVP)に選出される活躍でチームを牽引し、優勝杯を手にした。

「えー......本当にタフな試合で、無我夢中で......そこまで試合内容は覚えてないんですけど...えー、何ですかね、チャンピオンシップを通して我慢して我慢して、相手に流れが行きそうなところでもチームで耐えきって......まあ、優勝できてよかったです」

 5年ぶりのBリーグ優勝を決めた宇都宮の記者会見。文句なしにCSの最優秀選手となった比江島慎の言葉は、いつもどおり「比江島慎」らしさ全開だった。

「ええー!」

比江島のコメントが唐突に「まあ、優勝できてよかったです」で終わってしまったため、同席したチームメイトの鵤(いかるが)誠司から「それで終わり!?」と、笑いの混じった驚きの声が漏れた。

 31歳の比江島は口下手だ。饒舌であったところを、少なくとも取材をとおして見たことがない。しかし、コート上では力強く勇ましいプレーを披露する。

 比江島は今回のファイナルで、初戦に17得点、第2戦で24点を記録したが、最終クォーターでの勝負強さが出色だった。第1戦では11得点、第2戦では14得点を挙げチームを牽引した。

 ハイライトは第2戦の残り50秒を切ってからのバスケットカウントとなるレイアップだった。目の前には206cmの琉球の巨漢、ジャック・クーリーがいたものの、比江島は迷うことなくリングをアタック。クーリーからのファウルをもらいながら難しいレイアップをねじ込み、フリースローを決めて「3点プレー」とした。これにより、点差は5に。安全圏とは言えなかったが、アリーナの雰囲気を一気に宇都宮に変え、琉球のファンに嘆息させる、そんな場面だった。

 そして「舞台」は最後まで比江島のものであり続けた。残り時間で勝利を手繰り寄せるフリースローを決めると、終了間際に琉球のコー・フリッピンからボールをスティールし、そのままゴール。本人もチームも、黄色のTシャツを来た宇都宮ファンたちも狂喜する最高の形で、シリーズを締めくくった。