2022.07.11

渡邊雄太×ホーバスHCの化学反応はいかに。アジアカップを「経験を積む場」にするつもりはない

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by (C)JBA

 現地7月12日(日本時間7月13日)からインドネシアの首都ジャカルタで行なわれるFIBAアジアカップ。トム・ホーバスHC率いる日本男子バスケットボール代表チームに、"魂を宿す男"がついに加わる。

「アジアカップで日本代表に参加するため一旦日本へ帰ります」

 日本時間の7月1日。NBAでプレーしてきた渡邊雄太は自らのツイッターでこのように記し、代表参加を表明した。6月の日本代表合宿中、ホーバスHCが渡邊のアジアカップ参加の可能性をほのめかしていたとはいえ、現時点で契約先チームが正式に決まっていない状態の彼の代表入りはファンを喜ばせた。

アジアカップ前の練習でダンクを叩き込む渡邊雄太アジアカップ前の練習でダンクを叩き込む渡邊雄太 この記事に関連する写真を見る  もちろん、日本代表にとっても朗報だ。

 昨夏の東京オリンピックで日本女子代表を銀メダルに導いたホーバス氏がヘッドコーチとなりながら、日本男子代表はなかなか「主力中の主力」たる選手を招集できず、結果を出せていない。NBAを、そしてオリンピック出場などで世界を知る頼もしい男の参加は、待ち望まれたものだった。

「今回代表に合流することにしたのは、時間があれば今年の夏も代表選手として活動したいっていう気持ちが強かったからです」

 アジアカップ直前のメディアとのインタビューで、東京オリンピック以来となる代表活動を決意した理由を、渡邊はそう語った。

「リーダーとして、また国際大会を今まで何度か経験している者として、今回のチームには若い選手が多く、彼らに今までの経験だったり自分が学んできたものを伝えていくということは、僕の大きな役割になってくるんじゃないかと思っています」

 7月初旬、日本代表はオーストラリア・メルボルンでFIBAワールドカップ・アジア予選2試合を戦い、チャイニーズタイペイには勝利(89−49)したが、世界的ランク3位の強豪オーストラリアに98−52という大差で敗れた。オーストラリアには2月のアジア予選の試合でも敗戦を喫し、また中国とも昨年秋の同予選で連敗している。いずれの黒星も、力量に差を感じさせられたものとなった。