2021.09.04

「三井寿のセリフが痛いほどわかる」。Bリーグ最年長の五十嵐圭が語った『SLAM DUNK』の影響力

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Murakami shogo

Bリーガーが語る『SLAM DUNK』愛 
第4回:五十嵐圭(群馬クレインサンダーズ)

 今年1月に映画化が発表され、来年の秋に公開が決まった『SLAM DUNK』。1990年から96年まで週刊少年ジャンプで連載され、今もなお絶大な人気を誇るマンガだ。そんな作品について、バスケットボールと『SLAM DUNK』を愛する男たち、Bリーガーにあらためて語ってもらった。

 第4回は、今シーズンBリーグ最年長プレーヤーとして、新天地・群馬クレインサンダーズに移籍した五十嵐圭選手(41歳)。

ドンピシャ世代の五十嵐圭が『SLAM DUNK』について熱く語ったドンピシャ世代の五十嵐圭が『SLAM DUNK』について熱く語った ――『SLAM DUNK』を最初に読んだのはいつですか?

「小学5年生でミニバスを始めた頃です。元々は陸上部だったんですが、僕の地元の新潟は積雪のため冬は陸上の大会がないので、冬の間人数の少ないバスケ部を手伝う形で競技を始めました。まだバスケにすごく魅力を感じたわけではなかった時期に、友達との"『SLAM DUNK』ってマンガが面白い"という何気ない会話から作品を読むようになり、まさに桜木(花道)と同じように素人の状態から、少しずつバスケを好きになっていった感じです」

――80年生まれの五十嵐選手は、まさに"SLAM DUNK世代"ですね。

「そうですね。学生時代にNBAやストリートバスケが人気で、空前のバスケブームが起こりました。もちろんNBAにも影響を受けたんですが、マイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンはマネするにはすごすぎて、日本の高校を舞台にしている『SLAM DUNK』により影響を受けたと思います。とはいえダンクシュートは簡単にはできないので、跳び箱の踏切板を使って挑戦したりしました。僕自身、中学生の頃に最も『SLAM DUNK』にハマって、桜木に影響されジョーダンⅥを履いたりもしました」

――『SLAM DUNK』と自身の経験が重なるようなことはありましたか?

「有名なシーンですけど、三井(寿)が安西先生に"安西先生...!! バスケがしたいです..."と言うシーンが自分と重なったことはありますね。『SLAM DUNK』は我の強いキャラクターがたくさん登場するじゃないですか。自分もそうだったなって。高校生の時って一生懸命になるほど周囲が見えていなかったりして。

 高校2年生のインターハイで、僕が独りよがりなプレーを続けてチームが負けてしまったんです。インターハイ後、僕は約1カ月間チーム練習に参加させてもらえませんでした。どうしてもバスケがしたかったので、毎日朝一で体育教官室に行って掃除をして、先生が来るのを待ち"練習に参加させてください"ってお願いし続けたんです。三井のセリフが痛いほどわかるというか。1カ月後、ようやく練習参加が許可されたんですが、あの期間がなく競技を続けていたら勘違いしたまま天狗になって成長が止まり、きっとどこかでバスケを辞めてしまっただろうなと思います」