2021.09.12

男子バスケ篠山竜青、五輪代表落選の気持ち。その後すぐにテレビ解説を引き受けた理由

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by アフロスポーツ

川崎ブレイブサンダースの篠山竜青。目標は「3冠」川崎ブレイブサンダースの篠山竜青。目標は「3冠」  9月30日からBリーグ2021-22シーズンがいよいよ始まる。

 東京五輪で男子日本代表はグループリーグで敗退したが、女子日本代表は決勝に進出し、銀メダルを獲得。パラリンピックでは男子車いすバスケットボールが同じく銀メダルを獲得した。3x3も男女とも準々決勝進出を果たし、バスケットボールの認知度と人気は確実に上昇している。

「バスケ界が大きく変わるターニングポイントになりそうです」

 川崎ブレイブサンダースの篠山竜青は、そう語る。

 東京五輪直前に日本代表から落選し、辛い時期を乗り越えたベテランは今、再び大きな野心を持ってBリーグの開幕を迎えようとしている。

「今、こうしてやってやろうと思う気持ちになれているのは、やっぱり東京五輪で落選し、悔しい想いをしたからだと思います」

 篠山は、少し高揚した声で、そう言った。

 今から3か月前......。

 男子日本代表はアジアカップを戦うためにフィリピンに遠征をした。帰国する前に2名が外れ、18名の候補メンバーが選ばれることが決まっていた。篠山は、遠征の最終日、フリオ・ラマス監督に呼ばれ、落選を告げられた。

「落選と伝えられた瞬間は、体が軽くなるというか、肩の荷が下りたというか、なんか体の力が抜けたみたいな感じでした」