2017.01.05

桜木ジェイアール&高橋マイケルが語る
「日本バスケの過去・現在・未来」

  • 水野光博●取材・文 Mizuno Mitsuhiro
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 高橋マイケル、42歳。桜木ジェイアール、40歳。ともにBリーグのシーホース三河に所属。日本バスケットボールを長年にわたり牽引する2選手に、日本バスケの過去、現在、そして未来について聞いた――。

日本代表でも活躍し、現在もシーホース三河でプレーする桜木ジェイアール(左)と高橋マイケル(右) ふたりの球史を紐解けば、それはまさに”近代日本バスケ”の履歴書と言ってもいいのではないか。

 アメリカ人の父、日本人の母を持つ高橋マイケルは1995年、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校を経て、日本リーグのいすゞ自動車ギガキャッツに入団。加入初年、抜群の身体能力を生かしたダイナミックなプレーで新人王とベスト5に選出され、佐古賢一(現・広島ドラゴンフライズHC)らとともにチームを優勝に導く。その後、チームは4連覇を達成。

 しかし2002年、企業再建策の一環として、黄金期真っ只中のチームは休部に。高橋はスーパーリーグの新潟アルビレックスを経て、2004年からトヨタ自動車アルバルクでプレーし2連覇に貢献。その後、2014年にNBLのアイシンシーホース三河へ移籍し、現在に至る。

 高橋は、日本代表としても活躍。95年のユニバーシアード福岡大会に参加し、アレン・アイバーソン率いるアメリカ代表に敗れたものの、チームは準優勝。この銀メダルが、いまなお日本代表が国際大会で残した最高成績だ。また、98年の世界選手権にも出場している。