2022.03.25

スーパーGTにフェアレディZが15年ぶりに帰ってきた。「かなり速いらしい」の噂にライバルも戦々恐々

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 2022シーズンのスーパーGT開幕に向けて、GT500クラスに参戦するホンダ、トヨタ、日産の3メーカーは精力的にテストを重ね、着々と準備を進めている。4月16日・17日に開催される第1戦・岡山まで、残り約3週間----。今シーズンはどのメーカーがスタートダッシュを決めるのか。

 昨シーズンはホンダ勢が8戦中4勝をマークしたものの、チャンピオンの座は最終戦でトヨタ勢の手に渡った。主導権争いを演じる両メーカーに対して、日産勢は2015年以来、タイトルから遠ざかっている。しかし今年、その日産勢がひときわ注目を集めているのだ。

今季からベース車両をGT-RからフェアレディZに変更した日産今季からベース車両をGT-RからフェアレディZに変更した日産 この記事に関連する写真を見る  日産と言えば、これまで14年間にわたってR35型のGT-Rをベース車両にして戦い、導入初年度の2008年をはじめ5度の年間王座に輝いてきた。日産のスーパーGT参戦活動において、まさに「GT-R」はトレードマーク的存在だった。

 だが、昨シーズンをもってGT-RはGT500クラスでの活動を終了。最終戦・富士ではリアウイング翼端板に『ありがとうGT-R』とのメッセージを刻んでラストランをファンの目に焼きつけた。

 そのGT-Rに代わって今季デビューするのが「Nissan Z GT500」だ。市販車として発売される新型フェアレディZ(Z34のビッグマイナーチェンジモデル)のグローバル展開に合わせ、スーパーGTの参戦車両も変更されることになった。

 それまでのGT-Rとは打って変わり、フロント部分は市販車を彷彿とさせる大きく丸みを帯びたヘッドライトが装着。リアのブレーキランプも市販車のデザインを踏襲し、ボディ形状もコンパクトに引き締められた印象を受ける。

「見た目は、最近にない『シブくてカッコいいクルマ』という感じですね。今はどちらかというと、エアロなどいろんなものをつけて魅せるクルマが多いですけど、(新型Zは)シンプルで、リアの形状を含めてボディワークがすごくカッコいいなと思いました。『Zらしさ』が出ているなと思いました」

 そう語るのは、MOTUL AUTECH Z(ナンバー23)をドライブする松田次生だ。2014年と2015年には相方のロニー・クインタレッリとともに年間王者にも輝いている。