2022.03.26

今季F1序盤は「レッドブルvsフェラーリ」の2強構図。史上最速の市街地サーキットで真の勢力図は見えてくるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 2022年の開幕戦は、フェラーリの圧勝だった。

 シャルル・ルクレールとマックス・フェルスタッペンが好バトルを繰り広げたように見えたが、純粋なペースでも、タイヤマネージメントでも、ルクレールのほうが一枚も二枚も上手だった。

圧倒的な速さで開幕戦を制したフェラーリのルクレール圧倒的な速さで開幕戦を制したフェラーリのルクレール この記事に関連する写真を見る  レース中盤まではフェルスタッペンの動きに合わせてピットインし、同じタイヤを選ぶ安全策のレース戦略で首位をキープ。そして最後に3ストップ作戦を仕掛けたフェルスタッペンに対し、ルクレールには2ストップ作戦で十分に逃げきれるだけのマージンがあった。セーフティカー後の圧倒的な速さを見れば、それまで本来の実力を披露していなかったことも明らかだった。

 17周目から3周にわたる激しい抜きつ抜かれつのバトルも、ルクレールはフェルスタッペンにインに飛び込ませ、自分はレコードライン上で早めにブレーキングをしてフェルスタッペンをわずか数メートルだけ前に行かせ、次のDRS(※)を獲得してターン4までに余裕を持って抜き返した。2度目はフェルスタッペンもターン4でレコードラインを死守しようとしたが、インから前に出たルクレールと並んでターン4に飛び込んで行くほどリスクは取らなかった。

※DRS=Drag Reduction Systemの略。追い抜きをしやすくなるドラッグ削減システム/ダウンフォース抑制システム。

「ワンツーフィニッシュができるなんて、本当に最高のシーズン開幕だ。できるかぎりクレバーに戦おうとした。ターン1では早めにブレーキングをして(ターン1の50メートル手前にある検知ポイントを)彼のすぐ後ろでDRSを取り、首位を取り戻したんだ。それが3回もうまくいったね」(ルクレール)

 一方のレッドブルは、予選Q2で最速タイムを刻んだものの、Q3ではタイヤをうまく使いこなせずに僅差の2位。そして決勝ではタイヤマネージメントで後れを取り、戦略ではどうすることもできないくらい差をつけられた。