2022.03.22

角田裕毅、8位で笑顔なしは成長の表れ。ボッタスを抑え、アロンソを抜き、内容で光った2年目の幕開け

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 フェラーリとシャルル・ルクレールの快勝劇でF1新時代の幕が開いた2022年の開幕戦バーレーンGP。その決勝を8位で終えた角田裕毅(アルファタウリ)に笑顔はなかった。

「とりあえずポイントが獲れてよかったですし、いいシーズンスタートがきれたと思うので満足しています。でも、何台かクルマが止まったうえでの結果ということもあるので、運による部分もあります。それも含めて、クルマとしてもチームとしても自分自身としても、まだまだ改善していかなければいけないなと思います」

 1年前のデビュー戦よりもひとつ上の順位だが、今の角田にとっては決して満足のできる結果ではない。

開幕戦8位でポイントを獲得した角田裕毅開幕戦8位でポイントを獲得した角田裕毅 この記事に関連する写真を見る  しかし、レース週末全体の内容に目を向ければ、2年目の成長をしっかりと見せたレースだったと言える。

 金曜のアルファタウリは、開幕前テストとは打って変わって深刻なグリップ不足に苦しんだ。強い陽射しのあるFP1では最高の挙動を見せたAT03だが、寒いくらいに気温と路面温度が下がったFP2では、タイヤをうまく使いこなせなかった。

「ロングランも思っていたほどよくはありませんでしたけど、ショートランが問題です。全体的にコンマ数秒は足りないし、マシンのパフォーマンス不足です。まだ予選までにはFP3があるので、チームと話し合ってなんとかパフォーマンスを向上できればと思います」

 今年の角田は、開幕前テストから冷静な姿勢で自分たちのやるべきことに集中してきた。去年のようにメンタル的に不安定になってパフォーマンスに影響を及ぼすような場面はほぼなかった。

「もしQ3に行ければものすごくハッピーになれるでしょうね。上位はかなりタイトな争いですけど、逆に言えばコンマ数秒を稼ぐだけでQ3に行けるチャンスが出てくるので、それができればと思います」

 金曜の夜にチームが徹底的にデータを分析し、対策を用意してきた。ピエール・ガスリーはそれをFP3で試し、最終調整を施してから予選に臨むことができた。その結果、ガスリーは「マシンは昨日に比べてかなりよくなっている」という手応えとともに、まさに角田の言うコンマ数秒を見つけ出し、マシン性能を最大限に引き出してQ3進出を決めてみせた。