2021.12.03

レッドブル・ホンダ、王座奪取へラストスパート。難敵は史上最速の市街地サーキット

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 サウジアラビア第2の都市ジェッダの海岸沿いに建設されたジェッダ・コーニッシュ・サーキットは、市街地サーキットの常識を大きく逸脱した存在だ。

 全長6.175kmのうち、70%を超える長いセクションがスロットル全開のストレート。海岸沿いを往復する細長いレイアウトは、ふたつのヘアピンのほかに4つの低速・中速・高速のシケインでつながれ、全開でないセクションの速度域も高い。

 予選アタックラップの平均時速は250km/hを超えるとされる。これが現実となれば、246.534km/hのシルバーストン、249.026km/hのスパ・フランコルシャンをも上回る高速サーキットだ。もちろん、市街地サーキットとしては史上最速となる。

ホンダF1に残されたレースはわずか2戦ホンダF1に残されたレースはわずか2戦 この記事に関連する写真を見る  レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ここでルイス・ハミルトンより18点多く獲得すれば2021年のドライバーズタイトル獲得が決まる。

 もちろん、今のレッドブルとメルセデスAMGの実力差を考えれば、波乱がないかぎりタイトル決定の可能性は低い。過去2戦の勢力図を見ると、むしろフェルスタッペンとレッドブルにとっては苦しい局面とも言える。

 それだけに、フェルスタッペンはいつもどおり、淡々とした様子でこの初開催のサウジアラビアGPに臨むという。

「今シーズンずっとやってきたのと同じで、何も違いはないよ。僕は自分自身とマシンから最大限のパフォーマンスを引き出すことだけに集中して戦っている。その結果としてどういう結末になるかというだけだよ。新しいサーキットだからまずはその学習が必要だし、FP1からその後に向けてどのように戦っていくのかに集中しなければならないからね」

 前戦カタールGPではセットアップが煮詰められず、完敗を喫した。その前のサンパウロGPではあまりに突然のメルセデスAMGとハミルトンの圧倒的な速さを前に、マシンの合法性を疑う声さえ上がった。もちろん、規定のテストをパスして車検を通過している以上、どんなにウイングがたわんでいようと、加速が鋭かろうと、それは違法ではない。