2021.12.07

フェルスタッペンが再び「F1界のルール」を破ってペナルティ。なぜ同じ過ちを繰り返すのか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 天国から地獄とは、まさにこのことか。

 マックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダは、初開催のジェッダ・コーニッシュ・サーキット(第21戦サウジアラビアGP)で圧倒的な速さを見せ、予選でポールポジション獲得は間違いないという情勢だった。

掴みかけたポールポジションを失ったフェルスタッペン掴みかけたポールポジションを失ったフェルスタッペン この記事に関連する写真を見る  ルイス・ハミルトンが自己ベストを0.5秒も刻んでトップに立ったのを見てから入っていったQ3最後のアタックで、フェルスタッペンは狭いコース幅を目一杯に使い、ステアリングとスロットル操作でアグレッシブにマシンの向きを変える鬼気迫る走りを見せた。セクター1、セクター2と驚異的な最速タイムを刻み、ハミルトンを0.25秒上回って残すは最終コーナーひとつのみ。

 と、そこで左フロントがロックアップし、それでも外へと逃げていこうとするマシンを強引にねじ曲げスロットルを踏み込んでいく......そして、コンクリートウォールにヒットしてしまった。

 残りをコンサバティブに走れば確実に手にできたはずのポールポジションを失い、さらにはギアボックス交換のリスクにさえ直面することとなった(結局は交換せず事なきを得たが)。

「僕としてはそれまでと同じポイントでブレーキングをしたつもりだったんだけど、少しロックアップしてしまった。なんとかターンしようとしたけど、出口のウォールにヒットしてしまった。予選でマシンはとてもよかったし、すべてがうまくいっていただけに、すごくガッカリしているよ。ただ、3位という結果はガッカリだけど、クルマが速いということは証明できたので、明日のレースでどこまでやれるかだね」

 3番グリッドから臨んだ決勝は、純粋なペースで予選どおりに速ければ勝機があった。スタートはうまくいかなかったが、10周目のセーフティカー導入時にメルセデスAMG勢の逆を行ってピットインせず首位に浮上し、赤旗中断でそのポジションを維持したままタイヤ交換を許されるという幸運に恵まれた。

 あとはそのままポジションを維持できれば......と思われた。だが、スタートでまたしても出遅れ、強引にターン1に飛び込んだ結果ターン2を曲がりきれずにカット。ハミルトンを押し出すようなかたちでコースに戻ることになった。