2021.12.10

レッドブル・ホンダ、ラストレースもフェルスタッペンの言葉に不安。「誰も望まない結末」だけは避けてもらいたい

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 ついにこの時が来てしまった。ホンダF1最後のレース。2015年から7年間に渡って彼らが挑んできた戦いは、この週末に終わりを告げる。

「ついに最終戦が来たなという感じです。今まで毎回『残り何戦でどうですか?』と聞かれてきましたが、その時はまだまだ先だし最後までやるぞという気持ちでした。さすがに最終戦になってこれで最後の1戦だとなると、いろいろ思うところはあります。

 ですが、チャンピオン争いも含めて最後まで全力を尽くすだけ、という感じです。我々のメンバーは当然、最終戦ということで気合いが入っています。ただ、だからといって浮き足だったところはありませんし、私からは『最後まできっちりと仕事をして、チームと一丸となって全力を尽くしましょう』という話をしました」

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターはこう語る。

フェルスタッペンは最終戦でどんな走りを見せるのかフェルスタッペンは最終戦でどんな走りを見せるのか この記事に関連する写真を見る  しかしまだ、最終戦にしんみりとするような暇はなかった。サウジアラビアGPのあとはすぐにアブダビへと移動し、この最終戦に向けた準備に忙殺されていたからだ。

「月曜にアブダビへ移動し、火曜・水曜はサウジアラビアGPのレビューをしてパワーユニットの使い方などを見直しました。特にサウジは特殊なサーキットでしたから、我々としてもいろいろ学んだことがありました。

 そのあたりをHRD SakuraやHRD MKと会議をして、この最終戦に向けてパワーユニットのパフォーマンスをできるだけ上げるという観点から、どういうことができるのか、そのためにはどういうセッティングをしていけばいいのか、準備していました」

 ハードウェアはもう変えられない。しかしそんななかでも最後の最後まで、0.1馬力でも多く絞り出し、1/1000秒でも速く走るための努力は惜しまない。

「できることはすべてやり、悔いのないかたちでシーズンを終えたい」

 開幕時にそう語っていたとおりの9カ月間を、ホンダは過ごしてきた。だからこそ、最終戦を前に両タイトルを争う位置にいる。