2021.06.30

速すぎて、強すぎて、つまらない。レッドブル・ホンダ4連勝にハミルトンも脱帽

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 F1第8戦シュタイアーマルクGPは、今シーズン随一のつまらないレースになった。

 予選ではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが0.2秒差でポールポジションを獲得し、決勝でも2位ルイス・ハミルトンに先にピットインされても翌周入れば首位を守ることができるギャップを維持し続け、残り25周の時点でハミルトンも追撃をあきらめた。

「今日のクルマは本当に最高に走りやすかったよ。いつもこんなふうに行くわけじゃないけど、ピットストップをしてハードタイヤに履き替えてからのスティントは、正直言って走っていて本当に楽しかった。タイヤをいたわりながらもペースはすごくよかったし、去年までの僕らとは違ったね」

 フェルスタッペンの独走で、極めて退屈なレースになった。

フェルスタッペンはレッドブルの地元で4連勝を達成フェルスタッペンはレッドブルの地元で4連勝を達成 この記事に関連する写真を見る  これまでは、レッドブル・ホンダが速さを見せれば、王者メルセデスAMGと大接戦のエキサイティングなレースとなった。それが今季、どれも最高に面白かった理由だ。

 しかし今回は、レッドブル・ホンダの圧勝だった。ついにレッドブル・ホンダはメルセデスAMGのように、速すぎて、強すぎて、レースをつまらなくするほどの境地に到達した。つまらないレースというのは、この世界では「最高の褒め言葉」だ。

 クリスチャン・ホーナー代表も、観衆を退屈させるほどライバルを圧倒するレースにご満悦だった。

「今日は完璧なパフォーマンスだった。ルイス(・ハミルトン)のタイヤがタレていったのがわかって、我々も彼らが2回目のピットストップを仕掛けてくるかもしれないと意識していた。だが、彼が何を仕掛けてきたとしてもすぐにカバーできるだけのギャップを十分に作ることができたから、今日はマックスが完璧にレースをコントロールした。

 まさに極上の技だったよ。メルセデスAMGに対して今季、これまでで最も圧倒的なレースだった。これは非常に自信を与えてくれるよ」

 前戦フランスGPでメルセデスAMGは劇的な戦略バトルを繰り広げた。だが、このシュタイアーマルクGPではどんな戦略を駆使しようとも、メルセデスAMGに逆転の目はなかった。レッドブル・ホンダのマシンパッケージが圧倒的な速さを発揮していたからだ。