2021.07.02

角田裕毅、先週レースの「答え合わせ」ができるか。大きな前進へのチャンスだ

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 今週末のレッドブル・リンクには、10万人の大観衆が訪れる。

 1週間前の第8戦シュタイアーマルクGPでは、試験的に1万5000人の観客が動員された。だが、オーストリア政府が7月から観客動員制限を撤廃したことを受け、今週末の第9戦オーストリアGPには地元のレッドブルファンのみならず、オランダからフェルスタッペン応援団が大挙して訪れる。サーキットはオレンジ色に染まることになりそうだ。

角田裕毅は同じコースでどんな「答え合わせ」を出すのか角田裕毅は同じコースでどんな「答え合わせ」を出すのか この記事に関連する写真を見る 「そういう雰囲気を待ち望んでいたから、とてもうれしい。ファンの人たちに囲まれてレースをするのは楽しいし、ましてやここではオランダからのファンも多いからね。そんなファンのみんなのためにも、いい週末をお届けできればと思っているよ」

 選手権を18点リードするマックス・フェルスタッペンは余裕の笑顔を見せた。先週のシュタイアーマルクGPではメルセデスAMGを圧倒する走りで勝利を収めたのだから当然だ。

 今週のオーストリアGPは同じサーキットとはいえ、タイヤが1ステップ柔らかくなり、モナコGPやアゼルバイジャンGPと同じ最も柔らかい組み合わせとなる。

「正直言って走ってみないとわからないけど、当然ながら(タイヤが柔らかければ)それだけ速く走れるわけだから楽しみ。選手権リードは、まだ小さな差でしかない。シーズンはまだまだ長いんだ。まずは目の前のレースに集中していかなければならない。

 同じサーキットでのレースとはいえ、今週はタイヤも柔らかくなるし、コンディションも違うだろう。先週よりもチャレンジングな週末になるはずだ。だから、それをしっかりとこなすことに集中しなければならないんだ」

 レッドブル・リンクで2週続けて開催されるということは、先週のデータをもとに失敗点を見直し、同じサーキットで"答え合わせ"ができる。つまり、ほぼすべてのチームがほぼ完璧なセットアップと戦略に仕上げてくる、ということだ。

 これは、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)のようなルーキーにとっては絶好の機会だ。