2021.07.06

レッドブル・ホンダ5連勝でF1界を席巻。メルセデスAMG代表も完敗を認めた

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 独走ひとり旅のレースをマックス・フェルスタッペンが終えて、オレンジ色の大観衆から地鳴りのような歓声が沸き上がるなか、レッドブル・リンクの表彰台にはホンダの田辺豊治テクニカルディレクターが立った。

 2年前にここでレッドブル・ホンダとして初めての勝利を飾り、そのコンストラクター代表者として急遽表彰台に上がったのが遠い昔のことのように思われる。今やレッドブルとホンダはF1を席巻し、圧倒的なレースを見せて5連勝を飾っているのだ。ホンダにとっては、あの16戦15勝を果たした1988年以来のことだ。

表彰台に立った田辺豊治テクニカルディレクター(左から2番目)表彰台に立った田辺豊治テクニカルディレクター(左から2番目) この記事に関連する写真を見る 「2度目が回ってくるとは、まったく考えてもいませんでした。レースが終わってクリスチャン(・ホーナー/レッドブル代表)から無線で『田辺サン、表彰台だ』とうながされ、ほかのスタッフから『行き方は覚えているよね。今回は大丈夫だよね?』と言われて行くことになりました。

 先週のシュタイアーマルクGPでは(レッドブルの重鎮ヘルムート・)マルコさんが登壇するような、レッドブルにとって特別なホームであり、そんなレースで2年前に表彰台に乗せてくれたんだと思って見ていたんです。そこに今週また上がることができて、自分の人生のなかでも非常にいい思い出になりましたし、それだけレッドブルがホンダに期待を持ってくれているんだということも感じました」

 大切なホームグランプリで、レッドブルはまだ登壇していないスタッフが多々いるにもかかわらず、ホンダの田辺テクニカルディレクターを表彰台へと誘った。

 それはもちろん、マクラーレ・ホンダ黄金時代に匹敵する5連勝という記録に到達したことを知っていて、ホンダの貢献に対する高い評価と感謝の念を持っているからこそ、自然と促されたものだった。

 2kmに及ぶ連続全開区間があるバクー、長いストレートにこれまで苦戦し続けてきたポール・リカール、そして直線主体でスロットル全開率がシーズンで2番目に高いレッドブル・リンク。そんなパワーサーキットの連続に、レッドブルはメルセデスAMGにパワー負けしないどころか、ストレートで差をつけて見せた。