2021.02.02

角田裕毅にF1名フォトグラファーも大いに期待。「今までで一番」

  • 川原田 剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 五十嵐和博●写真(プロフィール) photo by Kazuhiro Igarashi

名フォトグラファーが語り合うF1の今 中編

F1の2021年シーズンは3月28日のバーレーングランプリ(GP)で開幕し、12月の最終戦アブダビGPまで全23戦が予定されている。日本人ドライバーの角田裕毅選手や「史上最強のドライバー」のミハエル・シューマッハの息子ミックのデビューなど見どころは満載だ。
今回、キャリア約30年の世界的なF1フォトグラファー、熱田護氏と桜井淳雄氏のふたりの対談を実施。2020年シーズンの印象を振り返った前編に続き、中編では、7年ぶりの日本人の参戦となる角田選手についてたっぷり語ってもらった。

2021年、F1に参戦する角田裕毅(熱田護=撮影)2021年、F1に参戦する角田裕毅(熱田護=撮影)
2021年はホンダにとってF1活動終了前の最後のシーズンとなりますが、ホンダとレッドブルの育成ドライバーである角田裕毅選手がアルファタウリからデビューすることが決まりました。角田選手は昨シーズンのF2選手権で3勝し、ランキング3位になっています。小林可夢偉選手以来、7年ぶりに誕生した日本人ドライバーに対する期待は?

桜井 ホンダが撤退をあと1年前倒ししていれば、角田選手はF1に乗ることはなかったと思います。ちょうど自分がステップアップする時期と、ホンダが撤退するタイミングがうまく重なったわけですから、角田選手が運を持っている証拠です。

 今シーズンに関してはシンプルだと思います。ホンダが去った後、自分ひとりの力でF1の世界を泳いでいくための結果を出すしかない。海外の競技では、大半の日本人選手は「お金持ってくるお客さん」としか思われていない現実がありました。角田選手にはスポンサーがなくても戦っていける、頼もしい存在になってほしいですね。

熱田 これまでの日本人ドライバーの中では、可夢偉がお金やスポンサーの力ではなく、実力を評価されてF1に乗ったドライバーです。そしてホンダがF1を去ろうとしている今、腕でF1に乗れる可能性を持った日本人ドライバーが誕生したのは本当に奇跡に近いことだと思います。奇跡に近いと言いましたが、角田選手はF2で優勝してランキング3位に入り、ちゃんとスーパーライセンスを取得し、周りから評価されてF1のシートをつかみ取りました。それはもちろん実力がないとできないことです。

 まずはチームメイトのピエール・ガスリーをやっつけてほしいですね。もちろん、そんな簡単なことではありませんが、シーズン中盤戦以降は予選でも決勝でもガスリーの前を走るようなレースをしないと、その先はないと思います。角田選手にとっては一年一年が勝負です。2年目にガスリーを抜けばいいや、ということではなく、今年ですね。あのふてぶてしさといい、自信といい、僕はすごく期待しています。

角田裕毅への期待を語った桜井淳雄氏(左)と熱田護氏角田裕毅への期待を語った桜井淳雄氏(左)と熱田護氏