2021.02.03

熟練F1フォトグラファーの本音。今季が最終年のホンダは勝てるのか?

  • 川原田 剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 五十嵐和博●写真(プロフィール) photo by Kazuhiro Igarashi

名フォトグラファーが語り合うF1の今 後編

前編はこちら>>  中編はこちら>>

2021年シーズンのF1は見どころ満載。日本人ドライバー角田裕毅選手の参戦やミハエル・シューマッハの息子ミックのデビュー。元世界王者のフェルナンド・アロンソの復帰も決まっている。一方で、ホンダは21年を最後にF1から撤退することが決まっている。
約30年間、F1を撮影し続けてきた世界的なF1カメラマン、熱田護氏と桜井淳雄氏の対談もいよいよ後編。注目の新人ドライバーや最終年のホンダの可能性について語り合った。

ホンダは2021年シーズンを最後にF1から撤退する。有終の美を飾れるか(熱田護=撮影)ホンダは2021年シーズンを最後にF1から撤退する。有終の美を飾れるか(熱田護=撮影)
●今シーズン最大の話題は伝説のワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハの息子ミックがF1デビューを果たすことです。昨年、F2で見事にチャンピオンに輝いた21歳の二世ドライバーをどう評価していますか?

熱田 ミックには正直、あまり速さを感じません。昨年のF2では1回もポールポジションを取ってないんですよね。それでもF2のチャンピオンになるのはすごいし、F1で走る才能はあると思いますが、クルマが良かったですね。今のところは、お父さんのようなキラキラした才能は感じません。

桜井 世界的に見れば、「シューマッハ」がF1に帰ってくるというのは今年一番のニュースですが、あれだけ周囲から期待されるのはちょっとかわいそうかな。熱田さんの言うように、F2の走りを見ていても、それほど光るものを感じませんでしたから。お父さんのミハエルは写真を撮っているだけで、こっちがドキドキしたからね。

熱田 ハースは大変ですよね。ドライバーの顔ぶれを一新し、ミックとニキータ・マゼピンというF2からステップアップしてきた新人ふたりを採用していますが、クルマを作る方向や指標がないわけですから、厳しいシーズンになるかもしれませんね。いくら大富豪のマゼピンがお金を持ち込んでいるとはいえ、新人ふたりというのはどうなのかなって......。

桜井 でもハースとしては昨年、ロマン・グロージャンが大クラッシュしたり、あれだけマシンを壊されてしまえば、仕方なかったんじゃないですか。ミックは話題になると思いますが、僕自身はあまり期待していません。

2021年シーズンを展望した桜井淳雄氏(左)と熱田護氏2021年シーズンを展望した桜井淳雄氏(左)と熱田護氏