2021.02.01

コロナ禍のF1現場で名フォトグラファーは見た。昨季の印象的な出来事

  • 川原田 剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 五十嵐和博●写真(プロフィール) photo by Kazuhiro Igarashi

名フォトグラファーが語り合うF1の今 前編

2021年シーズンのF1は見どころが多いシーズンになりそうだ。3月28日のバーレーングランプリ(GP)を皮切りに、12月に開催される最終戦のアブダビGPまで全23戦が予定されているが、日本人ドライバーの角田裕毅や史上最強のドライバーとうたわれたミハエル・シューマッハの息子ミックのデビューに加え、元世界王者のフェルナンド・アロンソの復帰も決まっている。
今回、約30年にわたって撮影を続けてきた世界的なF1フォトグラファー、熱田護氏と桜井淳雄氏のふたりに昨シーズンの印象と今シーズンの見どころを聞いた。

コロナ禍で行なわれた2020年のF1。マスクをして話すジョージ・ラッセル(左)とシャルル・ルクレール(熱田護=撮影)コロナ禍で行なわれた2020年のF1。マスクをして話すジョージ・ラッセル(左)とシャルル・ルクレール(熱田護=撮影)
●2021年のF1も新型コロナウイルスの影響を受けています。当初、開幕戦に予定されていたオーストラリアや第4戦の中国GPは延期が決定していますが、今シーズンは何戦ぐらい取材に出かける予定ですか?

桜井 僕は結局、昨シーズンは一度も現場で取材できませんでしたが、今年はバーレーンで行なわれる開幕前のテスト(3月12〜14日)を含めて、全戦取材するつもりです。すでに23戦分のホテルは押さえています。でも全戦取材できるかどうかは、新型コロナの状況次第ですね。感染の拡大がこのまま続ければ、昨季同様にヨーロッパと中東の開催が中心になるのかなと覚悟しています。

熱田 僕は去年、イタリアのイモラで開催された第13戦エミリア・ロマーニャGPと中東のバーレーンのアブダビで行なわれた終盤の3戦、合計4戦を何とか現地で取材できました。今年は全戦に行きたいですが、桜井さんの言うように、そもそもスケジュールどおりに23戦を開催するのは難しいかもしれません。

2020年のF1を振り返る桜井淳雄氏(左)と熱田護氏2020年のF1を振り返る桜井淳雄氏(左)と熱田護氏 ●今シーズンについて話を聞く前に、昨年12月中旬まで行なわれた2020年シーズンで一番印象に残っていることは何でしたか?

桜井 やっぱりコロナ禍でもしっかり17戦のイベントが開催されたことです。シーズン中、ドライバー20人のうち3人が感染(*ルイス・ハミルトン、セルジオ・ペレス、ランス・ストロール)しましたが、F1はチームのスタッフ、メディア関係者、主催者などを含めると、すごい数の人間が関わっています。あれだけの大所帯でクラスターを出すことなく、世界各国に移動してレースができたのはすごいことだと思います。

 ただ観客がいないのはやっぱり寂しかったですね。観客の興奮や熱気というのはF1の醍醐味のひとつです。それがないF1を撮影しても面白くないので、僕は取材に行くのを断念しました。テレビで見るF1も悪くなかったですが、サーキットで生のレースを見るのが一番だと思いました。どんなスポーツでも言えることかもしれませんが、現場に優るものはないとあらためて感じました。