2020.12.08

SKE48の経験がモータースポーツで生きる。梅本まどか語るラリーの魅力

  • 川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto) 磯貝琢哉●動画 video by Isogai Takuya

速く、美しく、挑戦し続ける女性ドライバーたち 
第6回 梅本まどか 後編 

前編はこちら>>



SKE48元メンバーのコ・ドライバー梅本まどかSKE48元メンバーのコ・ドライバー梅本まどか
近年、世界のモータースポーツを統括する国際自動車連盟(FIA)や自動車メーカーが若手女性ドライバーの育成・発掘に力を入れ始めた。いまだ男性中心の競技ではあるが、サーキットレース、ラリー、ドリフトなどで活躍する女性ドライバーは増加傾向だ。そこで、国内外のさまざまなカテゴリーで挑戦を続ける日本の女性ドライバーにインタビューした。

第6回は、アイドルグループSKE48元メンバーのドライバー梅本まどか。アイドル時代にモータースポーツに出合い、魅了されたという梅本はグループ卒業後にラリーのコ・ドライバー(走行の手助けをする選手)になった。入門用のラリー競技に参加すると、初年でチャンピオンを獲得し、全日本選手権にステップアップ。今季はコロナ禍で中止となった最高峰の世界ラリー選手権(WRC)に出場予定だった。芸能からモータースポーツの世界へと、輝く舞台を変えた梅本にインタビューした。

ーーSKE48を卒業した当時、その後、世界ラリー選手権(WRC)の出場権を得ることは想像できましたか? 

梅本 まったくできませんでした。あの頃はラリーそのものを知らなかったですから(笑)。私はスーパーフォーミュラ(SF)やF1をきっかけにモータースポーツに興味を持ちましたが、その後、スーパーGTなどの「箱車」のレースを知り、ジムカーナやダートトライアルにも興味が広がっていき、ラリーという競技を知りました。

ーーラリーのどんなところに惹かれたのですか? 

梅本 ドライバーとコ・ドライバーのふたりでペアを組んで戦うことですね。そこが他の競技と違います。ふたりだからこそ、いい時も悪い時も、あらゆる場面で絆が試されます。相性が悪かったら、長いラリーを最後まで生き残ることはできません。そこが面白くて、難しいところです。

 それからサーキットレースとは違って、市販車に近いマシンで公道をタイムアタックしていきます。厳密に言えば異なる部分もありますが、市販車ベースのクルマで、公道を激しく走るのが、見る側もやる側にとっても魅力だと思います。