2020.12.08

レッドブル・ホンダ、最速マシンでも勝てず。敗因は不運だけじゃない

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

 サヒールGPの表彰台に、メルセデスAMGの姿はなかった。ピエール・ガスリーが優勝したイタリアGP以来、今季2度目の波乱だ。

 純粋な速さではどうしても打ち破ることができないメルセデスAMGが、ピットストップ時のタイヤ管理ミスで後退した。レッドブル・ホンダにとっては、間違いなく優勝の大きなチャンスだった。

フェルスタッペンのレースはスタート直後に終わった しかし、レッドブルもそこにはいなかった。

「レースなので何があるかわかりませんし、"勝てるはず"と言うほど図々しくはありません。しかし、王者メルセデスAMGがいてそこに追いつけない。彼らが自ら後退してくれれば、我々が勝つチャンスは高かったと思っています。今年を振り返れば、トラブルやミスもあって勝てるレースを落としてきたのは痛かったですし、今日もまた落としたのは非常に残念だなと思っています」

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターがこう振り返るように、レッドブル・ホンダは絶好のチャンスを逃したことになる。

 70周年記念GPでは、メルセデスAMGの綻びに乗じて勝利を収めた。しかしそれ以降、モンツァやイスタンブールなどメルセデスAMGがミスを犯したレースは何度かあったにもかかわらず、レッドブルはそれ以上に大きなミスを犯したり不運に見舞われたりして、それを掴み取ることができなかった。

 サヒールGPでは、スタート直後のターン4でマックス・フェルスタッペンが他車の接触に巻き込まれてクラッシュを喫した。

 ターン1手前でメルセデスAMGの2台に挟まれて行き場を失い、ターン2ではリアを滑らせたバルテリ・ボッタスを避けるためにバックオフを余儀なくされ、そしてターン4ではボッタスとセルジオ・ペレスに左右を挟まれて先にブレーキングをして引かなければならなかった。

 それだけリスクを冒さず安全に行ったにもかかわらず、イン側のシャルル・ルクレールと接触し、スピンしたペレスを避けようとランオフエリアに退避せざるを得なかった。