2020.12.11

ホンダF1、シーズン最終戦は最後のチャンス。来季につなげられるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

 7月の開幕からわずか5カ月で17戦----。激動の2020年シーズンが、いよいよ終わろうとしている。

 レッドブル・ホンダにとって、開幕前に思い描いていたチャンピオン争いとは、ほど遠いシーズンとなってしまった。

シーズン最終戦に臨むレッドブル・ホンダ 開幕当初からRB16のリアエンドには致命的な不安定さがつきまとい、ホンダのパワーユニットも匹敵すると予想していたメルセデスAMGには及ばなかった。シーズンを通してその改良を進めギャップを縮めてきたものの、いまだメルセデスAMGの尻尾を掴むには至っていない。

 2021年シーズンも、今季型マシンRB16をベースにしたマシンで戦うことになる。それだけに、今シーズンのうちにその問題点を徹底的に究明し、対策を見つけ出しておくことは必要不可欠だ。

 最終戦アブダビGPは、その最後のチャンスとなる。

「最終戦にあたって、レッドブル、アルファタウリ両チームともにランキングが確定したなか、我々としても最善を尽くしていい形で今年を締めくくり、来年につなげるところを主題として進めていきたいと思っています」

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは、アブダビGPに向けてこう語る。

 レッドブルはポルトガルGPのポルティマオに2021年型想定のフロアを持ち込んで走らせていた。このアブダビにも来季を想定したアイテムを持ち込み、実走テストを行なう。

 ホンダもパワーユニットの使い方の面で、来季に向けたデータ取りを行なうという。そのデータがガラリと設計変更されている来季型の開発に役立つことになる。

「チーム側は試しておきたいアイテムを持ってきて、試してダメなら引っ込めて、来年に向けてもう一度アップデートするということです。パワーユニットとしてもここをしっかりと走り切れると、来年に向けての耐久性の確認サンプルになりますので、そこまできっちりと走らせたい」

 これまで、信頼性がホンダのアキレス腱だと思われていた。