2020.08.24

ホンダは大丈夫なのか? MotoGPはKTMが2回目の優勝で勢力図に変化あり

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 オーストリアのレッドブルリンクで開催された第6戦スティリアGPは、さまざまなドラマと記録が交錯する波瀾のレースになった。  

MotoGP第6戦スティリアGPの表彰台。ミゲル・オリベイラ(写真中央)が優勝した
 優勝したのは、ポルトガル人選手のミゲル・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)。今回の大会は、1949年に世界グランプリ最高峰クラスの第1戦がイギリス領マン島で開催されてから900戦目、という節目にあたる。その記念すべきレースで勝利したオリベイラは、自身の初優勝であるだけではなく、ポルトガル人として最高峰クラス初優勝、しかも所属チーム、テック3の最高峰クラス初勝利。さらに、KTMの本拠地レッドブルリンクで初めてKTMのマシンが優勝するという初めて尽くしの偉業を達成した。

 最終ラップの攻防もまた、劇的だった。

 ジャック・ミラー(プラマック・レーシング/ドゥカティ)とポル・エスパルガロ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)が互いに一歩も引かない熾烈(しれつ)なバトルを続け、最終コーナーでともにアウト側へはらんだ隙に、2人の背後につけていたオリベイラがイン側からするりと巧みに抜け出した。そして、2番手にミラー、3番手にエスパルガロを僅差で従える格好で、トップのチェッカーを受けた。

「今はすごく気持ちがたかぶっている。言いたいことがとてもたくさんあるけれども、とても言葉にならない」