2020.03.27

佐藤琢磨「みんなで乗り越えるしかない」。
米レース界も続々キャンセル

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano
  • photo by Brittany Murray/MediaNews Group/Long Beach Press-Telegram via Getty Images

 3月15日に決勝が行なわれる予定だったNTTインディカー・シリーズ開幕戦セントピーターズバーグ。しかし、その2日前の13日、すでにレースウィークエンドに入っていたなかで、イベントの中止が発表された。

 日本でも新型コロナウイルスの感染者が増えていたことから、「アメリカへの入国禁止」になっては困ると、筆者は2月下旬、慌てて渡米した。だが、いざ到着してみると、フロリダ州オーランドウはいつもと変わらぬノンビリした雰囲気だった。

 日中は強い日差しが照りつけ、気温は摂氏30度近くまで上昇。南国ムードに満ちていた。この時点で感染者はゼロ。なぜかマスクや手の消毒液、消毒ジェルはすでにドラッグストアの店頭から消えていたが、春休みを堪能しようという人々が、ビーチ、ショッピングモール、そしてテーマパークに溢れていた。

すでに仮設スタンドなどが作られたインディカー・シリーズ第3戦ロングビーチも中止に 3月に入ると、事態が急転した。ワシントン州やニューヨーク州で感染者が続出した結果、3月9日にプロバスケットボールのNBAがオーナー会議を開き、シーズンのど真ん中にもかかわらず、即刻のシリーズ中断を発表したのだ。アイスホッケーのNHL、サッカーのMLSもこれに追随した。民主党の大統領候補選挙が佳境を迎えつつあったが、テレビはウイルスの話題で持ちきりになった。