2020.04.06

女性ドライバー、タチアナ・カルデロンが
SF参戦もコロナ禍で一時帰国

  • 吉田知弘●取材・文・撮影 text & photo by Yoshita Tomohiro

 近年、海外から将来F1を目指す若手ドライバーが参戦している全日本スーパーフォーミュラ選手権。そのなかでも今年、大きな話題を集めている選手がいる。女性ドライバーのタチアナ・カルデロンだ。

スーパーフォーミュラに参戦するタチアナ・カルデロン コロンビア出身で現在27歳の彼女は、2011年からヨーロッパでレース活動を開始。2016年から2018年までGP3(現FIA F3)で戦い、昨年はF1直下のFIA F2に挑戦した。さらに2017年からザウバーF1チーム(現アルファロメオ)のテストドライバーに就任し、各レースでチームに帯同している。

 しかし、2020シーズンに関しては、FIA F2でのシート獲得に難航。昨年末の時点ではレギュラー参戦するカテゴリーが決まっていない状態だった。

 そんな彼女に吉報が舞い込んできたのは、クリスマスが終わり、まさに年を越そうというタイミングだった。スーパーフォーミュラのチームに急遽、シートの空きができたのだ。