2020.03.20

スーパーGTでも寂しい光景。
トヨタ、日産、ホンダの仕上がり具合は?

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 世界中で流行している新型コロナウイルス。すでに日本国内でもさまざまなスポーツイベントが開催中止や延期となっている。

 もちろん、国内モータースポーツも例外ではない。3月以降のイベント関係は中止・延期の対応が取られ、全日本スーパーフォーミュラ選手権は鈴鹿サーキットでの公式テスト(3月9日、10日)と、同地で予定されていた開幕戦(4月4日、5日)の延期が決定した。

誰もいないスタンドの前を淡々と走るスーパーGTマシン 同じく、日本で一番の人気を誇るモータースポーツ「スーパーGT」も打撃を受けている。

 3月14日、15日に全チームが岡山国際サーキットに集まって行なわれた公式テストは、新型コロナウイルス対策により無観客での実施となった。

 例年なら熱気あふれるサーキット内で、今シーズンの行方を占うテストが開催されてきた。だが今回は、静まり返ったサーキットで45台の車両が淡々とテストメニューをこなしていく、という寂しい光景が見られた。

 スーパーGTの公式テストが無観客で実施されるのは、もちろん前代未聞のこと。参加したドライバーたちも口を揃えて「ものすごく違和感があった」「いつも応援してくれるファンのみんなの前で走れないことがとても残念だ」と語っていた。