2015.08.19

【エアレース】
今季初の表彰台獲得。室屋義秀が「さらに上を狙える」根拠

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki

 室屋義秀は満面の笑みをたたえ、レース後の公式会見の場に姿を現した。

 室屋がこの席に着くのは、千葉・海浜幕張公園で行なわれた今季第2戦以来のこと。だが、「地元パイロットとしての出席」にすぎなかった5月とは、気分はまったく違ったはずだ。

アスコットでの第5戦で今季初の表彰台となる3位になった室屋義秀 ©red bull 8月15、16日、イギリス・アスコットで開かれたレッドブルエアレースの2015年シーズン第5戦。室屋は自己最高順位に並ぶ3位となり、自身2度目の、そして今季初となる表彰台に立ち、歓喜のシャンパンファイトを味わった。

 表彰式を終え、堂々たるトップ3のひとりとして会見場にやってきた室屋は、次のように英語で語った。

「今季2戦目からニューマシン(エッジ540 V3)を導入し、前回第4戦のブダペストまでは十分に準備する時間がなかった。だが、あらゆることを試し、機体もパイロットも、すべてをこのレースにセットアップしてきた。表彰台に立つだけの準備はできていた。だから、昨年の表彰台(昨年第2戦での3位)とはまったく意味が違う」