関屋記念で注目の血統は「ダンチヒ」と「ディープインパクト」 本命は44戦の大ベテラン、対抗は?

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 8月13日(日)、新潟競馬場で3歳以上馬によるGⅢ関屋記念(芝1600m)が行なわれる。

 このレースは今回が58回目となる歴史ある重賞。昨年は1番人気のウインカーネリアンが勝利し、サマーマイルシリーズのチャンピオンに輝いた。

初の重賞勝ちを狙うミッキーブリランテ初の重賞勝ちを狙うミッキーブリランテこの記事に関連する写真を見る このレースを血統的視点から分析していきたい。関屋記念の血統的傾向として目立つのは、デインヒルを中心としたダンチヒ系の好成績だ。直仔マグナーテンが2001年、2002年に連覇したのを皮切りに、2016年には直系でスニッツェル産駒のヤングマンパワーが勝利している。

 また、2011年のレインボーペガサス(母の父デインヒル)、2012年のドナウブルー(母の父ベルトリーニ)、2018年のプリモシーン(母の父ファストネットロック)、2020年のサトノアーサー(母の父リダウツチョイス)といった勝ち馬の母の父がダンチヒ系。そのうち、ドナウブルー、プリモシーン、サトノアーサーの3頭がディープインパクト産駒というのも大きなポイントだ。

 今回もダンチヒの血を持つ馬は何頭かいるが、中でも筆者が本命に推したいのがミッキーブリランテ(牡7歳、美浦・矢作芳人厩舎)だ。

 同馬はキャリア44戦を誇る大ベテランだ。重賞勝ちはないが、2021年のニューイヤーS(中山・芝1600m)を勝ち、同年のGⅢ阪急杯ではジャンダルム、インディチャンプ、ダノンファンタジーといったGⅠ馬に先着。レシステンシアに次ぐ2着に入っている。

 その後は2年半以上勝利がないが、3走前のGⅡ京王杯スプリングC(東京・芝1400m)では自己最速となる上がり3F33秒1の脚を見せ、1着から0秒5差の10着と、着順のイメージ以上に内容のある走りを見せている。新潟競馬場では3戦して馬券絡みはないが、3年前のこのレースでは0秒4差の4着に入っており、展開がハマれば好走は可能だろう。

1 / 2

プロフィール

  • 平出 貴昭

    平出 貴昭 (ひらいで・たかあき)

    主に血統分野を得意とする競馬ライター、編集者。(株)サラブレッド血統センター在籍。著書に『覚えておきたい日本の牝系100』『一から始める! サラブレッド血統入門』など。「週刊競馬ブック」で『血統見聞録』を連載するほか、「競馬四季報」などの編集業務にも携わる。そのほか、『優駿』などにも寄稿。twitterアカウント:@tpchiraide

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る