2022.07.01

CBC賞はロードカナロア産駒で絞る。「連覇」か「重賞初制覇」か、良馬場で力を発揮する韋駄天2頭に期待

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 7月3日、小倉競馬場で3歳以上馬によるGⅢCBC賞(芝1200m)が行なわれる。

 このレースは通常、中京競馬場で開催されるが、京都競馬場改修の影響で2020年は阪神、昨年は小倉で行なわれた。昨年はファストフォース(牡6歳、栗東・西村真幸厩舎)が1分06秒0で芝1200mのJRAレコードを樹立。今年も開幕週で行なわれるため、良馬場ならかなりの好タイムが期待できそうだ。

昨年、CBC賞をJRAレコードで制したファストフォース昨年、CBC賞をJRAレコードで制したファストフォース この記事に関連する写真を見る  そのファストフォースは今年も参戦する。昨年は約8カ月ぶりの格上挑戦で重賞初出走、ハンデ52kg、8番人気での出走だったが、今年は56kgでの出走。昨年の同レース勝利後はGⅢ北九州記念2着、GⅢ京阪杯3着、前走のGⅠ高松宮記念は勝ち馬から0秒3差の9着と、重賞ウイナーに恥じない走りを続けている。やはりフロックでJRAレコードを出せるはずはなく、着実に力をつけているようだ。

 父ロードカナロアは日本調教馬として初めてGⅠ香港スプリントを勝ち、同レースを連覇(2012年、13年)。そのほか、スプリンターズSを2勝、高松宮記念、安田記念と、芝1200~1600mのGⅠを6勝して年度代表馬にも輝いた歴史的な名スプリンターだ。

 母の父サクラバクシンオーは1993年、94年のGⅠスプリンターズSを連覇しており、1994年のレースは1分07秒1のJRAレコード(当時)で、4馬身差と圧勝。当時は高松宮記念も香港スプリントもなかったため、競走成績はロードカナロアに劣るが、抑えきれないほどのスピードを感じさせる馬だった。「サクラバクシンオーこそ史上最強スプリンターだ」という競馬ファン、関係者も少なくない。

 そんなスプリンター同士の配合が施され、狙い通りのスプリンターに成長したファストフォースの連覇に期待する。