2022.02.20

フェブラリーSのヒントはもちろん北京五輪にあり。勝負は「アイス」馬券

  • 令和サイン馬券研究会●文
  • photo by JMPA

 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。

研究員「北京五輪、盛り上がっていますね!」

所長「オリンピックは欧米で開催されると時差があって、いつも寝不足になってしまうが、昨夏の東京、現在の北京と、そうした苦痛に悩まされんからええの。おかげで、ワシもほとんどの競技をリアルタイムで見て、日々興奮しておるわい」

研究員「僕も連日、テレビの前からなかなか離れられないんですよね......。でも所長、今週は今年最初のGIフェブラリーSなんですから、しっかり仕事もしてくださいよ!」

所長「何を言うんじゃ。オリンピックは馬券のサインの宝庫じゃぞ! 五輪観戦こそ、ワシらにとっては重要な仕事じゃ」

研究員「となると、注目すべきは日本人選手の活躍。とりわけ際立っているのは、スピードスケートの高木美帆選手でしょうか。今回はなんと5種目に出場して、3000mで6位、1500m、500m、そして団体のパシュートで銀メダルを獲得し、最後に1000mで金メダルを手にしました。その奮闘ぶりは驚異的です」

北京五輪で大活躍したスピードスケートの高木美帆選手北京五輪で大活躍したスピードスケートの高木美帆選手 この記事に関連する写真を見る 所長「いやぁ~、ほんと美帆ちゃんはすごい! 1000mで金を獲った時は、思わず涙が出たわ。スケートと競馬は同じ競走競技だし、関連があるかもしれんな」

研究員「高木選手は女性ですから、ここはやっぱり牝馬が狙い目ってことですかね? テオレーマとソダシ。特にテオレーマは前々走で地方交流GIのJBCレディスクラシックを勝っています。同レースは高木選手が銀メダルを獲った"1500m"戦でしたし、なんかクサいですね」