2017.10.08

京都大賞典は稼ぐチャンス。
穴党記者たちが「この2頭」で一致した!

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 例年、秋の古馬GI戦線に向けて、有力馬がその”叩き台”として臨むことが多いGII京都大賞典(10月9日/京都・芝2400m)。昨年はキタサンブラックが、一昨年はラブリーデイが、GI馬の貫禄をここでも示して、その後の栄冠獲得につなげてきた。

 今年はどうか。人気を集めそうなのは、GI天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)の2着馬シュヴァルグラン(牡5歳)と、昨年のGIジャパンカップ(東京・芝2400m)など、3度のGI2着があるサウンズオブアース(牡6歳)、そして同じ舞台で行なわれた年明けのGII日経新春杯(1月17日/京都・芝2400m)を制したミッキーロケット(牡4歳)といったところだろう。

 過去、京都大賞典は比較的堅い決着が多いだけに、これらの有力馬を買っておけばよさそうなものだが、前述のキタサンブラックやラブリーデイと違って、いずれもGI未勝利。他のメンバーを見ても、GI2着の経験を持つ馬はトータル6頭もいるが、今年はGI馬の出走がなく、絶対的な存在が不在で多分に波乱の要素を含んでいる。

 日刊スポーツの松田直樹記者は、今年のメンバーを見渡してこう語る。

「同じ週に行なわれる毎日王冠(10月8日/東京・芝1800m)は、GI馬が5頭も参戦。それと比較して、こちらは少し寂しいメンバー構成になったと言えます。また、こちらはGI天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)より、その先にあるジャパンカップ(11月26日/東京・芝2400m)を意識した、長距離指向が強い馬たちがそろった印象です。