2017.10.07

実は荒れる毎日王冠。人気GI馬に隠れた
「3頭の穴馬」が王冠を奪う

  • text by Sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 秋のGI戦線に向けて、重要なステップレースとなるGII毎日王冠(東京・芝1800m)が10月8日に行なわれる。今年も、オークス馬のソウルスターリング(牝3歳)をはじめ、安田記念を勝ったサトノアラジン(牡6歳)、昨年のダービー馬マカヒキ(牡4歳)など、注目馬が多く参戦し、見どころ満載のレースと言えそうだ。

 こうした実績のあるスターホースが顔をそろえ、ごまかしの効かないコース形態ということもあって、穴党には手を出し難いレース、というイメージがある。しかし、このレースの歴史を振り返ってみると、たびたび波乱が起こっていることがわかる。

 過去10年の成績を見ても、3着以内に10番人気以下の大穴が飛び込んできたケースが5度もある。とりわけ荒れたのは、2014年。8番人気のエアソミュール、11番人気のサンレイレーザー、5番人気のスピルバーグという順で決まって、3連単の配当は38万8350円にも達した。

 3連単の配当が30万を超えたことは、他にも2回ある。イメージとは裏腹に、意外と波乱が起きやすいレースと言える。ならば、今回も過去10年の結果を参考にして、狙える穴馬をピックアップ。高配当ゲットを目指していきたい。

 まず、ひとつのポイントになるのは「夏場も順調に使われてきた馬」であること。

 その後のGIを目指す有力馬にとって、ここはあくまでも”叩き台”。夏場は休養して、このレースが始動戦となることが多い。そのため、休み明けで状態がまだ万全でないことがある。

 その隙を突くのが、夏場のレースを使われてきた馬たち。良好なコンディションの強みを生かして、上位に割り込んでくることがよくあるのだ。