2017.09.21

ダービーのレベルに疑問。神戸新聞杯で
秋始動のレイデオロは大丈夫か

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki photo by AFLO

 今週末24日に阪神競馬場で行なわれるGII神戸新聞杯(芝2400m)は3歳馬による重賞。GI菊花賞(10月22日/京都・芝3000m)のトライアル競走で、3着までに菊花賞への優先出走権が与えられる。

 このレースでは、GI日本ダービーを勝ったレイデオロ(牡3歳/藤沢和雄厩舎)が秋初戦を迎える。同馬はこのレースの後は菊花賞ではなく、11月26日のGIジャパンC(東京・芝2400m)に向かうとのことだが、今回は秋GIシーズンのレイデオロについて考えてみたい。

日本ダービーを制したレイデオロ。鞍上はルメール騎手
 まずは日本ダービーの走りを振り返ってみよう。今年のダービーは1000m通過が63秒2という、重~不良馬場も含め過去30年では最も遅いペースで展開した。レイデオロはスタート直後、後方を追走していたものの、鞍上のルメール騎手はスローペースを考慮して向正面あたりで外を回って前に押し上げ、早い段階で2番手にまでポジションを上げると、直線で逃げ粘るマイスタイルをかわし、外から襲いかかるスワーヴリチャードの追撃も抑えて2分26秒9のタイムで勝利を収めた。