2017.07.01

ラジオNIKKEI賞は、福島巧者
ステイゴールド産駒で財布もゴールド

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki  photo by Nikkan sports

 先週のGI宝塚記念で春のGI戦線が終了。次のGIは10月1日のスプリンターズS(中山・芝1200m)までお預けとなるが、もちろん競馬は毎週行なわれているし、楽しみな重賞レースもたくさんある。ふだんGIしか見ないような方も、2歳戦や、夏の間に力をつけて台頭してくる馬たちをチェックしておけば、秋のGI戦線がより楽しめることだろう。

 今週末7月2日に行なわれるGIIIラジオNIKKEI賞(福島・芝1800m)は3歳馬による重賞。GI日本ダービーに出走できなかった馬が目指すことが多いため、”残念ダービー”などとも呼ばれているレースだ。昨年の勝ち馬ゼーヴィントはその後も重賞戦線で安定した走りを見せているし、一昨年の勝ち馬アンビシャスも今年のGI大阪杯5着などGI戦線で常に注目を集める存在となっている。

 このレースの大きな特徴として挙げられるのが3歳重賞としては唯一のハンデ戦であるということ。重いハンデを背負った人気馬が着外に敗れるというケースも多く見られており、馬券的には難しいレースであると同時に、高配当が狙えるレースでもある。多くの馬が初経験となる、小回りの福島コースというのも大きなポイントだ。過去の傾向なども振り返りながら、今年のラジオNIKKEI賞を占ってみよう。

マイネルスフェーンは福島コースと相性がいいステイゴールド産駒
 過去5年の福島芝1800~2000mの種牡馬別成績を見ると、最も勝利数が多いのはステイゴールドの23勝。5年連続JRAチャンピオンサイアーに輝いているディープインパクト(22勝)を差し置いてのものなので、これは評価できるポイントだ。