2014.12.13

【競馬】阪神JFはココロノアイ。底知れぬ強さに注目せよ

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

「2歳女王」を決める阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF。阪神・芝1600m)が、12月14日に開催されます。

 まず注目されるのは、レッツゴードンキ。1勝馬ですが、牡馬混合重賞の札幌2歳S(9月6日/札幌・芝1800m)で3着、続くアルテミスS(11月1日/東京・芝1600m)でも僅差の2着と好走しました。

 前々走の札幌2歳Sは、3着とはいえ、見方によっては一番強い競馬をしていたと思います。というのも、ゲートを立ち上がり気味に出て、やや後手を踏んでしまいました。そして、その遅れをカバーする分、前半で余分に脚を使ってしまったのですが、道中好位を進んで、最後の直線に入ってからも自ら仕掛けて勝ちに行く"横綱競馬"を見せたのです。牡馬相手ということを考えれば、「負けて強し」の印象を受けました。

 牝馬限定戦だった前走のアルテミスSでは、道中は中団の内を追走。最後の直線では、少し外側へ進路を取りましたが、前が開かずに追い出しを我慢させられてしまいました。それで仕方なく内側に進路を取り直して、一歩遅れて追い出しを開始。結果、勝ち馬をとらえることができませんでしたが、あと一歩まで急追した決め手は強烈でした。

 馬込みの中で我慢し、直線では怯(ひる)むことなく馬群をこじ開け、しかも鋭い末脚を披露。これほど厳しい競馬を経験して、さらに好走できたということは、大きな自信になっているはずです。今回のような、混戦模様の一戦では、かなりの強みになると思います。

 鞍上が過去3戦とも違って、今回もまた違うジョッキーが手綱を取ることが唯一気になりますが、過去3戦でもある程度の結果が出ていることを思えば、それほど問題視することはないのでしょう。誰が乗っても、うまく操作できる気性のよさがあるのだと思います。まして、今回手綱をとるのは、関西リーディング2位(12月12日現在)の浜中俊騎手。心配する必要はなさそうですね。

 3戦2勝のディープインパクト産駒、ショウナンアデラもなかなかの実力の持ち主です。新馬戦こそ、ナヴィオン(牡2歳)の大外一気の豪脚に屈しましたが、他馬との叩き合いで内を突いたショウナンアデラにとっては、まったく見えないところから差されたようなもの。完全に勝ちパターンのレースで、「負けた」とは言えない内容でした。

 第一、勝ったナヴィオンはその後、オープンレースも勝って、牡馬の2歳王者を決める朝日杯フューチュリティS(12月21日/阪神・芝1600m)でも有力視されている一頭。相手が悪かったのだと思います。