2022.01.09

松山英樹、金谷拓実に続く快挙。中島啓太はマスターズでワールドクラスの真髄を見せるか 

  • 三田村昌鳳●文 text by Mitamura Shoho
  • photo by Kyodo News

Sportiva注目アスリート「2022年の顔」
第9回:中島啓太(ゴルフ)

(第8回:松木玖生(サッカー) 「一番の武器はメンタル」>>)

スポルティーバが今年とくに注目するアスリートたち。その才能でどんな輝かしい活躍を見せてくれるのか。「2022年の顔」と題して紹介する。

        *        *        *

 中島啓太(日体大3年)が、今春のマスターズ(4月7日~10日/ジョージア州)に出場する。日本のアマチュア選手としては、松山英樹、金谷拓実に次いで3人目の快挙である。

アジアパシフィックアマチュア選手権を制して、今春のマスターズに挑む中島啓太アジアパシフィックアマチュア選手権を制して、今春のマスターズに挑む中島啓太 この記事に関連する写真を見る  日本人アマチュア選手のマスターズへの道が生まれたのは2009年、アジアパシフィックアマチュア選手権が開催されるようになってから。同大会の優勝者に、翌年のマスターズの出場権が与えられることになった。

 アマチュア選手の枠はそれまで、全英アマと全米アマの勝者などに限られていたが、世界のアマチュアに門戸を広げるため、マスターズなどが主導となって同大会を開催。その後、南米でも同様の大会が開催されている。

 言うまでもなく、松山はその権利を得て2011年のマスターズに初出場。ローアマを獲得し、それから10年後の2021年マスターズで見事に頂点に立った。

 その松山が切り拓いた道を、金谷が追随し、そのあとに今年、中島が続く。

 実は中島は、金谷が勝利した2018年の大会でも優勝するチャンスがあった。金谷に2打差の2位タイに入っているのだ。

 その大会後、ある企画で行なわれた金谷と中島の対談に立ち会った。そこで金谷は、優勝した同大会についてこう語っている。

「う~ん......実は(中島との優勝争いは)やりにくかったですね。なんか、嫌だったですね。それまで(ナショナルチームの一員として)チーム一丸となって一緒に戦ってきたわけですから。気持ち的に、嫌だなぁって(笑)。