2021.08.20

小祝、稲見、古江…若き精鋭たちが魅せる熱き戦い。今季「賞金女王」に輝くのは誰だ?

  • 古屋雅章●構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

2020-2021女子ツアー終盤戦
森口祐子が注目選手10名を徹底分析(前編)

日本女子ツアーは今年の後半戦がスタート。昨夏からの長いシーズンと捉えれば、終盤戦へと突入している。「黄金世代」「プラチナ世代」ら若手が台頭するなか、注目の賞金女王争いは大激戦となっている。はたして、その行方はどうなるのか。森口祐子プロに注目選手たちについて、分析してもらった――。

稲見萌寧(22歳)
2020-2021シーズン出場32試合。優勝6回。トップ10入り17回。
賞金ランキング2位(獲得賞金1億4736万9149円)
※8月19日現在、以下同。

 プロトーナメントにおいてラウンド中、順位を示すリーダーボードを見る選手と、見ない選手がいます。稲見さんは見るそうで、理由を訊ねたら「私は自分で自分を追い込むのが得意じゃないから」と言っていました。

 要するに彼女は、ただの徒競走より、パン食い競走のほうが燃えるというか、リーダーボードを見て自らの位置とトップの位置を把握し、目指すべきご褒美(スコアや順位)が明確にわかると、本人の言葉を借りれば「スイッチが入る」ということです。

 今回の東京五輪における日本代表権争いや、五輪本番での最終日のメダル争いで見せた猛チャージもそうです。自らの立ち位置を知り、目標をはっきりと捉えたことで、自分の力を存分に発揮できたのではないでしょうか。

 そういった自分の追い詰め方を見ると、彼女はメンタルが強いのではなく、メンタルの持っていき方がすごくうまいのかなと思います。小さい頃から練習量の多さは半端ないらしく、同じことを繰り返せるメンタリティ、愚直さは、どこか不動裕理さんに似たものを感じさせます。

 稲見さんは今年のオフ、スイングが流れている感じがして、トレーニングにキックボクシングを取り入れたそうです。

 その理由を訊くと、「スイング中に脇腹(腹斜筋)が緩んで、体が流れたり、伸びたりして、バランスが悪くなっていた。それが、キックをする時は腰を入れて蹴るので、腹斜筋の力の入れ方がいい感じで身についてくれ、スイングも安定してくる」と言っていました。どんな状況にあっても、やるべきことがわかっているのも強みです。

 さて、メダリストになった稲見さん。NEC軽井沢72の練習日に疲れていないかと声をかけると、「今週からですよ!」と元気に答えてくれました。次なる目標として賞金女王を視野に入れた、ということでしょうか。楽しみです。