2021.08.04

松山英樹にとっての東京五輪。未知なる状態での死闘で改めてわかったこと

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by JMPA

 あらゆるスポーツの中でも、ゴルファーほど不遇のアスリートはいないかもしれない。

 他の競技ならば、優勝者に準じて準優勝や3位という結果も評価される。しかしゴルフの場合、そういった概念は皆無に近い。プロのトーナメントにおいて、およそ100人前後の選手が参加しても、結果で賞賛されるのは"勝者"のみであり、2位や3位はあくまでも"敗者"だ。

 例えば、笹生優花が樋口久子、渋野日向子に続く日本人3人目となる海外メジャー制覇を遂げた今年6月の全米女子オープンで、プレーオフの末、笹生に敗れたのは畑岡奈紗だった。4日間72ホールを終えて同じ通算4アンダーで並び、プレーオフ3ホール目で敗れるという結果だけを見れば、わずかな差だった。それでも、立場はまさに天国と地獄、だ。

 だが、舞台がオリンピックとなれば、事情は違う。2位と3位にはそれぞれ銀と銅のメダルが与えられ、メダリストとして後世に名を残す。それが、自国開催の五輪となれば栄誉は段違いだ。

 リオデジャネイロ五輪の出場を見送った松山英樹にとって、霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)で開催される東京五輪はむろん、初めての五輪だった。首位のザンダー・シャウフェレ(アメリカ)と1打差となる通算13アンダーの単独2位につけた第3ラウンド終了後、松山はこう話した。

「いい位置で終わることできた。オリンピックの場合は3位までに入るとメダルという、うれしいことが待っているけど、メジャーだと優勝しか評価されない。何がモチベーションになるかはわからないけど、明日は金メダルを目指して頑張りたい」

 7月上旬に罹患(りかん)した新型コロナウイルスの休養明けで、五輪が"復帰戦"となった。未知の状態で帰国し、優勝争いに絡む。それは、松山にも予想できなかったことだ。

「(今の順位が)まったく信じられなかった。現状の体力の問題でしんどい部分はあるけど、なんとか持ち堪えたので、明日一日もってくれたら」