2021.08.20

永久シードプロが分析。今季女子ツアーで話題を振りまく注目選手5名の「期待度」

  • 古屋雅章●構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

2020-2021女子ツアー終盤戦
森口祐子が注目選手10名を徹底分析(後編)

賞金女王争いに加わっている選手だけでなく、女子ツアーにはその動向が注目される選手がたくさんいる。なかでも、今年に入って話題を振りまいている選手、ファンの関心が高い選手5名について、森口祐子プロにそれぞれのよさ、今後の期待度などを解説してもらった――。

前編はこちら>>

吉田優利(21歳)
2020-2021シーズン出場35試合。優勝1回。トップ10入り5回。
賞金ランキング24位(獲得賞金5314万3423円)
※8月19日現在。以下同。

 アマチュア時代に日本女子オープンに出場。その時からずっと注目していたプレーヤーです。それで、プロになったらすぐに勝つだろうなと思っていたので、実質プロ2年目となる今年、7月の楽天スーパーレディースでのツアー初優勝には、「ようやく」といった印象が私にはあります。

 ゴルフのスタイルはオールラウンダーで、スイングもこれといって問題はありません。「あなた、もう少し欲を出せば、もっと勝てるのに」と言ってあげたくなるようなプレーヤーですね。

 その意味では、辻村明志コーチという良き指導者に師事し、上田桃子さんや永井花奈さん、小祝さくらさんといった良き先輩に恵まれた環境で、ゴルフに取り組めていることはよかったと思います。

 一番になりたいと思っている人たちが集うプロゴルファーという集団の中では、遠慮や気遣いより、"自分のゴルフを貫き通す"ということが相手に敬意を表わすことになる、ということを彼女には知ってほしい。上田さんはその最もいいお手本だと思うので、そこは先輩を見習って、吉田さんにはもっとガッツを出してほしいものです。

 華のあるプレーヤーだし、勝ち癖がつけば、さらに強くなる人だと思います。優勝後、初のラウンドとなったNEC軽井沢72の際に声をかけると、「(古江彩佳、西村優菜など)同期の他の選手の活躍を見ていて、内心穏やかではありませんでした(笑)」と言っていました。そう、密かにガッツを燃やしていたんですね。今後のさらなる活躍に期待したいです。